筋力と集中力をアップし、疲労を減らすアミノ酸。パワーナビのBCAA

 

BCAAとは

もっとも大切なアミノ酸

BCAAとは? 人間の身体は、約60%が水分から、残りの半分がタンパク質からできています。

タンパク質を構成しているのがアミノ酸。人間にとって必要なタンパク質は約20種類ほどで、そのうち9種類は体内で合成することができないため、食事から摂取しなければならない「必須アミノ酸」です。

必須アミノ酸の中でも、

の3種類は筋肉の主たる成分であり、もっとも大事なアミノ酸です。

この3種類のアミノ酸は、分子構造が枝分かれをしたような形をしているため、分岐鎖アミノ酸、つまりBCAA(Branced Chain Amino Acids)と呼ばれます。筋肉を構成するアミノ酸の3割から4割がBCAAです。

普段の生活では、BCAAは肉や魚など、タンパク質食品から取り入れられます。しかし、激しい運動や長時間の運動をした場合、筋肉中のBCAAは分解され、エネルギーとして消費されます。そのため、運動時にはサプリメントを補給することが必要です。

食物中に含まれるBCAA(分岐鎖アミノ酸)の量は?

BCAAは肉や魚、卵などタンパク質食品に多く含まれています。アスリートが激しいトレーニングをする上で必要とされる10gのBCAAを摂取するためには、

  • 牛肉 350g
  • 本マグロの赤身 200g
  • たまご 10個

が必要といわれています。これは普段の食事で摂るのはかなり大変なことになります。さらに、食品からたんぱく質の形でBCAAを多量に摂取しようとすると、脂肪分や塩分の摂りすぎになる可能性があります。ご飯やパンを食べれば炭水化物の摂りすぎも。また、身体を動かす前にこれだけの量を食べたら、お腹が重くてトレーニングどころではありません。
やはり、基本的には食事からBCAAを摂ることにして、不足分をサプリメントで補うのが効率的でしょう。

© 2007 - 2014 ERDE Co., Ltd. Allrights reserved